水処理施設
RECRUIT
 採用情報に関して
 新卒・中途採用

個人情報保護
LINK
 リンク集


半田事業所は汚染土壌を性状にあわせた屋内大型保管スペースに搬入後、テスト結果に基づき浄化施設で高温焼成します。検査によって浄化を確認した土壌は、再生砂や地盤改良材として販売されます。汚染土壌のリサイクル事業は、サン・ビック半田事業所が国内初の画期的な事業です。
 
・汚染土壌処理業許可番号:第0231001002号 (分別等処理施設、浄化等処理施設)
再利用


汚染土壌を高温焼成して、汚染物質(重金属・VOCs・油分・農薬など)を焼却除去する施設です。排出される排ガス対策施設は、排ガス中のダイオキシン類は最も厳しい0.1ナノグラムをクリアしています。
もみ洗いと分級処理を組み合わせた浄化施設です。
がれき類や木屑などの異物を選別処理で取り除いたのち、セメント会社の受入れ基準にあった土壌に改質する施設です。


Copyright(C) 2001, sanbic.co,ltd All rights reserved.

 

受入 再利用